テキスト創作・お題配布サイト   master:花音
2010/08«│ 2010/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2010/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2010/09/29
00:00:00
つかつくSS(つくし大学生? 桜子視点)




そっち方面の場数は沢山踏んできた。

──はずなのに目の前の行為に赤面を覚えずにはいられない──













お金で買ったとはいえ、私は自分の美しさを自負している。

性格はあまり褒められたものではないけれど、見た目の美しさに張り合うぐらい強い自己は持っている。

男にチヤホヤされるのは悪くない。

貧乏人でもブルジョワでもメスはオスによってフェロモンを纏い増幅させる。

どんな男でも私にかかったらイチコロだ──

たった一人を除いては──



道明寺司、それが私至上最も愛した最高の男──

どんな手を使っても手に入れたかった男。

ステイタスは勿論、彼から発するそのオーラは私だけでなくどんな女も捕らわれてしまう。



出会いは最悪だった。

その頃の彼は横暴な怪物のようだったのに今はしなやかな野獣のように美しい。

美しいサナギがさらに美しく蝶にかえるようにますます男らしさに磨きがかかってゆく。

そんな風にさせたのは私の恩人でもある彼女の影響だ。

──自信はあったのに、あっさり玉砕。

だけど私はそんな彼のことをどんどん好きになっていく。

そしてそれと同じぐらい彼女のこともどんどん好きになっていく。

抜けられない迷宮を自らが作り続けてその中で迷っているみたいにこの甘く辛い痺れから抜け出せそうもない。

それでも私はそれごとすべて受け止める自分が大好きだ。



ある日その彼女とお茶を飲んでいるところに彼女の電話に彼から召集がかかった。

「桜子ごめん。道明寺そこまで来てるって。・・・ごめんね、せっかくゆっくり話したかったんだけど・・・」

続きを言いにくそうな彼女に仕方なく私は助け舟をだした。

「どうぞどうぞ。道明寺さんに嫌われたくないし~。とっとと行って下さい。私が怒られたらたまりませんもん。」

余裕をみせてそう言うと彼女は本当に申し訳なさそうに席をたった。

「本当にごめんね。この埋め合わせは必ず~」

「はいはーい。キタイしてますよ~」

そう言って彼女はカフェの外に急いだ。



こんなに人ごみにあふれた街中でも私はすぐに彼を探し出せる。

かもし出すオーラはやはり魅力的で周りにいる女どもは色めきたった顔をしている。

だけど彼はそんな視線には目もくれずカフェから出てきた彼女を一筋に見つめている。

夢のような甘い顔で。

そして彼女と一言二言話すと彼は手を差し出した。

彼女はちょっと戸惑っていたけどその手をそっととった。

瞬間彼は手に力を込め寄り添いながら彼女に微笑みかけていた──



そこまで見て私は赤面した。

なんてことのない恋人たちの風景なのに。

普通に手をつないで歩いているだけなのに。

どうしてここまで甘いのか。

その手からは私の知らないフェロモンが溢れ出している。

それ以上のことをいくつも経験してるのに私は耐えたれなくて横を向いた。



結局、私は経験だけは豊富だけど"本物"の経験すらなかったんだと赤面の理由を冷静に分析してみる。

なるほど、"経験不足"ってことか──



「──もしもし、シゲルさん?今から出てこれない?」

電話の向こうにいるもう一人の"自分"を呼び出して今日はとことん話しをしたい。

こんな気持ちをわかってくれるのはきっと"自分"だけだろうから──



人ごみに消えた彼らの姿はもう見えないけれど、さっきの二人の甘い時間私の心から消えそうになかった。









 






小悪魔桜子ちゃん初登場。

彼女のこと、大好きです♪



2010/9/29



 



Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:つかつくSSコメント:0│ トラックバック :--
2010/09/29
00:00:00
クリパチSS きっかけ編





自慢じゃないけどモテるタイプではない。

そういうことは自分が一番分かってる。

だけど男だからカワイイ子を見かけると気になるし、妄想する。

あんな子が彼女だったらな、と。







「よう」

「よっ、よう」

目の前に現れたアイスブルーの瞳を持つ彼女は最近、その妄想をいっそう膨らませてくれる。

どういったわけか知らないけれどよく自分の住むこの島に現れるようになった。

オレのこと好きなんだろうか?

そんな風に思っては自身を思い返し首をふる。

それはない、こんな年の離れた俺みたいなオヤジに──でも何故?

頭の中はグルグルだが理由を追求せず、冷蔵庫に彼女の好きなケーキを常備するあたりは浅はかな男の性だ。



いまやオレの部屋になっている屋根裏部屋(改築してかなり広くなった。)に紅茶とケーキを運び入れると彼女は黙って食べ始めた。

沈黙が続くが、それを何とかしようというあせりは彼女との間になく、意外と心地よかった。

でも今日、訪ねてくれたことには驚いた。

最近よく来るといっても、ほぼ1週間に一度のペースだったのに今日は実に24時間ぶり── 一日あくことなく来てくれたからだ。

17号と何かあったんだろうか?

そう思って彼女にそれとなく聞いてみる。

「最近17号はどうしてる?」

「──相変わらずだよ──殺しまくって楽しんでるみたい。」

「こっこっ殺しあって──!!!」

「──落ち着きなよ、殺すって言っても猟銃で猟してるだけだから、人並みに。」

「そっ、そっか・・・はははは・・・」

心臓がまだバクバクしている。

前に座る彼女もだけど17号もメチャクチャ強い。

まあ、頼りになる友はいるけれど、それでも俺個人は敵わない。

一度は地球に誰も敵うものもなく滅ぼそうとした二人なのだが、そんな二人うちの片割れとよくよく考えるとお茶をしている自分の境遇は自分でも興味深い。

「何かあった?」

「・・・何も・・・なんで?」

「いや・・・昨日も来てくれたし今日も来てくれたから、何かあったのかな?と思ってさ。」

「・・・」

「まっ、まあ、俺はあんまり強くないから頼りにならないかもしれないけれど・・・」

「・・・」

「それでも話ぐらいは聞くことはできるし・・・ほっ、ほらブルマさんとか仲間とかもいるからさ・・・」

「・・・」

沈黙を返す彼女に俺は次から次へと思いつくことをしゃべった。

彼女はじっとオレを見ていたがやがて口を開いて小さい声を出した。

「・・・嫌なのか?」

「えっ?」

「私が来るの、嫌なのか?」

彼女から逆に質問され、オレは驚いた。

「だっ、大歓迎さっ。武天老師様と亀とオレと、むさ苦しい男ばっかりだし、めちゃくちゃ嬉しいけど・・・」

「・・・けど?」

「いい年して、なんか勘違いしそうで・・・ははは、ははは」

本心である。

そんなオレの言葉に彼女はすくっと立ち上がり窓を開けた。

「ばぁーか。」

「・・・えっ・・・」

オレが次に言葉を発っする前には彼女の体は窓から外に浮かんでいた。て、少し眉毛を吊り上げていた。



「あっ、あの・・・」

ちょっと眉を吊り上げて──どうもオレは何か怒らしてしまうようなことを言ってしまったらしい。

しどろもどろになった俺に次の瞬間、彼女は窓の外からぐいっと手を入れ俺のほっぺたを抓った。

「・・・明日も来るから・・・勘違いしてもいいよ・・・」

最後は少し小さな声で言ってオレのほっぺたを開放し空へと飛び上がった。

強引な告白と同時にほっぺを抓られ、これが夢じゃないと自覚したときには彼女は天高く舞っていた。

「待ってるから!!!」

そう大声で叫ぶと彼女が天使のように笑った。

少しヒリヒリするけれど彼女の手のぬくもりが混在するそのほっぺたが無性に愛おしくて鏡を見ると、どうしようもないぐらいにニヤケたオレがさらに気持ち悪く、笑った。


 





 初クリパチ~

      きっかけ編が書けてよかったです。



2010/9/29

 


 



Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:クリパチSSコメント:0│ トラックバック :--
2010/09/29
00:00:00
天ブラSS(お付き合い中)




おそるおそる触るとその紅葉のような手はものすごい力で僕の小指をつかみ返した









僕はいい大人になったというのに心の中は情けないほど子供だ。

手を握りたい。

キスをしたい。

抱きしめたい。

エッチなことしたい。

気持ちはいつでもエスカレートしていくのに10以上も年下の彼女の前では高校生──いや中学生の様にバカで単純だったりする。

「好きよ」

彼女が妙に大人っぽい顔で言うたびに子供の自分を解放しそうになる。

 いやまて。

 相手は高校生だぞ。

 犯罪だそ。

 だめだったらだめだ。

大人の僕がなんとか押しとどめて笑顔をつくる。

「ありがとう。僕も好きだよ。」

それだけが精一杯だ。



そして僕は驚愕する、彼女の強硬手段に──

今、目の前には一糸纏わぬ彼女がいる。

 さすがブルマさんの娘だけあって色白で綺麗でスタイル抜群で──

って冷静に分析することで自分を保つのが精一杯。

「悟天が別に私のこと愛してなくてもいいの。私が悟天を愛してるから。それ以外の理由はいらないの。」

まったく彼女はどこまで大人なんだろう。

裸だってことを忘れるぐらい彼女の顔は冷静で真剣だった。

 だめだったらだめだ。

そう、警鐘がなっているのに、僕はもう自分を抑える全てを外した。

「僕も、僕も好きだよ。ブラちゃん。愛してるよ──」

目の前の誘惑に負けたのも本当だけど、この言葉も真実だ。

僕は彼女を愛している──



我を忘れるぐらい、抱きしめあって深く深くキスをした。

角度を変えて何度も何度も味わった。

超化したときの高揚感に似ている。

もう、彼女を欲しくて欲しくてたまらない、爆発しそうだった。

その時、彼女が僕の小指をぎゅっと掴んだ。

そこから彼女の震えが僕に伝わった。

目をあけると彼女の顔は少し不安げに眉が下がっていた。

──大人のフリをして彼女は必死だったのだ。



きっと彼女は覚えていないだろうけど──あの時、初めて赤ちゃんの彼女に会ったとき僕は小指を力いっぱい握られた。

サイヤ人の直系ということもあるんだろうけどその力はすさまじく僕が普通の人間だったらひきちぎられていたに違いない。

そしてじっと僕の顔を見つめていた。その瞳は吸い込まれそうなぐらいに美しい空の色で、見とれた。

結局彼女は眠るまでの数時間、僕の小指を離そうとしなかった。小指は圧力で真っ赤になっていた。

きっとあれは僕たちの赤い糸だったんだろう、彼女は無意識に赤い糸を結びつけていたのか──

これから先も彼女が自力で結んだ赤い糸は切れることはないだろう、きっと──





「ブラちゃん。僕は本当に君のこと好きだよ。愛してる。ちゃんと女として見てるよ。だからこの続きはブラちゃんが大人の女性になってからにしよう。だからそれまでは──」



まだ、彼女には教えてあげないけれど僕たちは大丈夫。ブラちゃんの赤い糸があるからね。

自然とこぼれた笑みを彼女に向けると不安そうだった彼女の顔は僕の大好きな笑顔になった。

そして彼女にキスをする。ついばむように触れるキスを──



さっそく欲望に負けてるって?

──赤い糸を手繰り寄せたご褒美にキスぐらいはいいだろう?



 






誘惑に負けないいい子に育ってよかった・・・(笑)





2010/9/29



 




 



Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:天ブラSSコメント:0│ トラックバック :--
2010/09/27
00:00:00
平和SS(原作設定)



「・・・帰るで。」

そう言って私の手を引く彼の手から体温は温かくて──

















夕方、彼の帰りを待ちわびて教室で転寝したら知らない学ランが私を包み込んでくれていた。

昼間はまだ暑いけれど朝夕はだいぶ過ごしやすくなった今日この頃、足元の寒さとは対照的に

体は温かかった。

あたりは夕闇につつまれて静まり返っている。

学ランをあちこち見て持ち主の名前を探すとそこには隣のクラスの男子のフルネームがあった。

面識はないけれど、きっとあまりにも熟睡する私にあきれてこの学ランをかぶせてくれたのだろう。

ありがとう──

その学ランに軽く頭を下げたとき待ち人が教室に現れた。

「まーた、こんなところで寝てからに!こんなところで寝てたら風邪ひ・・・」

そこまで言うと彼は目を開いて歩みを静止させた。

「平次・・・おつかれさん。今日は一段と遅かったなぁ。」

そこまで言い終わるか終わらないかで彼は私から学ランを取り上げた。

そしてさっきの私と同じく学ランをあちこち見回した。

「ちょっと、何やのん?それ、借り物やねん。あんまり雑に扱ったら・・・」

「まったくオマエは!子供かっ。どこでも寝るな。アホかっ。」

「なっ、何よ、アホって。つい寝てしまっただけやんかー。そんな怒ることないやん!」

そう言うと彼はいつも剣道なんかで見るあの真剣な眼差しで

「──隙ばっかり見せよって」

そう、小さくつぶやいた。

反撃しようとした瞬間、彼は私の手をとって椅子から立てと言わんばかりにくいっと引っ張った。

「帰るぞ。」

次にふいと教室の入り口に向けた彼からはその表情を読み取れないけれど、なんか怒ってる。

こういう時の彼が頑固なことは長い付き合いでよく分かってる。

椅子から立ち上がりかばんをもって手を離さない彼に続いた。

「その学ラン・・・」

「明日、俺から返しとく。」

「そやけど、あたしが借りたんやから、ちゃんとお礼いわなあかんし。」

「俺が礼言うとく。」

「そやけど・・・」

「・・・アホが。これ以上他の男とかかわんなよ。」

びっくりして声が出ない。

他の男とかかわんなよって──

それって、それって──

怖いような、それでもその真意を聞きたくてなんとか声をかけようとした瞬間、

くるっと振り向いて彼が言葉を続けた。

「オレが困るやろ、いろいろと。」

そう言ってじっとしばらく私を見つめて、ちょっと手の力を緩めた。

「・・・帰るで」

再び進行方向に顔を向け私は彼の後をついて歩いた。

いつもよりも真剣な顔で、

でも手を引く手は暖かくて──

月夜がそこまで迫る中、私は少しだけ幸福の中にいた。









 






ほんわかラブ?な幼馴染を書きたかったら

こんな風になってしまった・・・



2010/09/27



 





Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:平和SSコメント:0│ トラックバック :--
2010/09/26
00:00:00
飯ビーSS(ブー編、直後ぐらい?)






『さあ、行こうか』

そういって彼は私に手を差し出した。











空を飛べるようになってから私の世界は一変した。

その開放感は想像を超えていたし、未知の可能性に自信のようなものがみなぎった。

世界は私の手中にあるかのようにいろんなところへ行けるその素晴らしさに感動した。



それをあっけらかんとやってのけるんだから、彼は。

私の中の世界は3分もたたないうちに小さくしぼんでしまった。

いつもなら"自分以上"は"敵"だったはずなのに、

私はあっという間に落ちてしまった。恋に。



彼の差し出した手はとても魅力的だ。

それゆえに自分の気持ちは交差する。

その手をとってもっとさまざまな世界に行きたい好奇心旺盛な自分と

その手をとることに意味を持ちたがる恋に臆病な自分。



彼は誰にだって優しいから──

誰にでもきっと手を差し出すだろうから──

それが悔しいから──



『行くわよ!!!』

そう言ってひとり、いつも以上に高く青空に、飛んだ。



 








意地っ張りなビーデルさんを書きたかったの。



2010/09/26

 



Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:飯ビーSSコメント:0│ トラックバック :--
情報




現在名様来訪中♪



お題一覧
利用規約を必ず
お読み下さい。

利用規約は■こちらから。

季語シリーズ
あいうえお・ABCシリーズ
ダイアリーシリーズ
曲タイトルシリーズ
小説タイトルシリーズ
熟語シリーズ
専門用語シリーズ
花音的365日シリーズ


 1 日本独特の時
 2 植物由来の和色
 3 冬
 4 源氏物語の女人より
11 カタカナ編
12 漢字一文字編
13 春の3音
14 春の5音
21 動詞編
25 オリュンポス12神より
26 ことわざ編
27 恋愛ダイアリー
28 恋愛 出会いから別れまで…
29 浪速言葉編
30 クラシック発想記号より
31 クラシック楽曲形式などより
32 aiko の曲
33 スピッツ の曲
34 関ジャニ∞ の曲
35 徳永英明 の曲
36 ZARD の曲
37 GO!GO!7188 の曲
38 Chara の曲
39 松田聖子 の曲
40 矢沢永吉 の曲
41 レミオロメン の曲
42 Mr.Children の曲
43 Perfume の曲
44 工藤静香 の曲
45 Kinki Kids の曲
46 宇多田ヒカル の曲
47 古内東子 の曲
48 サザンオールスターズ の曲
49 CHAGE&ASKA の曲
50 モーニング娘。 の曲
51 TM NETWORK の曲
52 大塚愛 の曲
53 ウルフルズ の曲
54 GARNET CROW の曲
55 B’z の曲
56 森高千里 の曲
57 Every Little Thing    の曲
58 山崎まさよし の曲
59 小松未歩 の曲
60  の曲
61 岡本真夜 の曲
62 相川七瀬 の曲
63 ポルノグラフィティ の曲
64 布袋寅泰 の曲
65 BUMP OF CHICKEN    の曲
66 ゆず の曲
67 川嶋あい の曲
68 UA の曲
69 NEWS の曲
70 山本リンダ の曲
71 椎名林檎 の曲
72 松浦亜弥 の曲
73 アンジェラ・アキ の曲
74 CHEMISTRY の曲
75 JUDY AND MARY    の曲
76 L’Arc~en~Ciel の曲
77 MY LITTLE LOVER    の曲
78 広瀬香美 の曲
79 平井堅 の曲
80 orange pekoe の曲
81 MISIA の曲
82 元ちとせ の曲
83 スキマスイッチ の曲
84 桑田佳祐 の曲
85 中森明菜 の曲
86 絢香 の曲
87 光GENJI の曲
88 岸谷香 の曲
89 V6 の曲
90 一青窈 の曲
91 山下久美子 の曲
92 BEGIN の曲
93 ドリームズ・カム・トゥルー の曲
94 槇原敬之 の曲
95 氣志團 の曲
96 大黒摩季 の曲
97 いきものがかり の曲
98 ORANGE RANGE の曲
99 SMAP の曲
100 RCサクセション の曲
101 中島美嘉 の曲
102 スガシカオ の曲
103 ケツメイシ の曲
104 福山雅治 の曲
105 プリンセスプリンセス の曲
106 小沢健二 の曲
107 YUKI の曲
108 矢井田瞳 の曲
109 モンゴル800 の曲
110 中川翔子 の曲
111 竹内まりや の曲
112 柴咲コウ の曲
113 米米CLUB の曲
114 Crystal kay の曲
115 原由子 の曲
116 中山美穂 の曲
117 PUFFY の曲
118 アン・ルイス の曲
119 BOΦWY の曲
120 三枝夕夏 IN db の曲
121 四字熟語・ダーク編
122 四字熟語・ノーマル編
123 類語編
124 三文字熟語編
125 諺編
126 漢字一文字・平仮名由来
127 漢字一文字・片仮名由来
128 アガサ・クリスティ の小説
129 星新一 の小説
130 藤本ひとみ の小説
131 赤川次郎 の小説
132 慣用句編
133 伊坂幸太郎 の小説
134 江國香織 の小説
135 桐野夏生 の小説
136 小池真理子 の小説
137 田辺聖子 の小説
138 藤堂志津子 の小説
139 野沢尚 の小説
140 連城三紀彦 の小説
141 夏の3音
142 夏の5音
143 秋の3音
144 秋の5音
145 
146 
147 反対語編
148 
149 
150 
151 
152 
153 
154 フォネティック・コード
155 略語編
156 結婚記念日
 ■  2006年版365日
 ■  2008年版365日


twitter
創作系リンク


★このブログをリンクに追加する★
素材リンク
いつもお世話になってます。

☆素材サイトさんに
伺われる方は
そのサイトでの
ルールを必ず
お守りくださいね。

☆ 十五夜
☆ m-style
☆ Heaven's Garden
☆ mattarihonpo
☆ ふわふわ。り
☆ ミントBlue
☆ 薫風館
☆ Little Eden
☆ k*sanctuary
☆ MILKCAT
☆ STAR DUST
☆ junks
☆ とほほのWWW入門


お知らせ
いつも訪問くださり
ありがとうございます。
このサイトの著作等については
■こちらよりご確認下さい。

当ブログを末永くどうぞ宜しく
お願いします。


 
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事
カテゴリ
自己紹介

花音

Author:花音

花音(かのん)
30歳から時の止まった
関西人

多趣味
そして飽き性(笑)

連絡先

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
220位
アクセスランキングを見る>>