テキスト創作・お題配布サイト   master:花音
2007/11«│ 2007/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2007/12/29
18:59:55
本日年内最終です。
一年間ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。
皆様にとって来る年がいい年になりますように。


P.S.時間があれば携帯から更新します♪


花音





Category:日記・情報コメント:0│ トラックバック :--
10:09:11



笑顔より涙の量が多くても明日は来るから おやすみなさい

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月29日 おやすみなさい
やっと更新。あああ。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


Theme:短歌 Genre:小説・文学│ Parent category:■和歌 Category:短歌コメント:0│ トラックバック :--
20:55:32
えー、今日は牧野つくしちゃんのお誕生日、だそうですww

つくしちゃん、オメデトウww
私も昔、つくしちゃんみたいな時があった。
電話止められたり
食費、4人家族で1ヵ月リアル1万円生活してたり
ちょっとコワモテの方の訪問があったり・・・
キツかった!
でも4人でいっつも笑ってたなぁ。
ほんまに仲いい家族やったよ。
今でも。
あたしが結婚してからも変わらず実家は
ビンボーやけど、でもめっちゃ前向きやし。
そんな両親や妹が好きやわぁ。

だからつくしちゃんには親近感、沸きまくりっww
むっちゃ前向きやしね。
がんばれーって応援したくなるわ。
世界一の金持ちの彼氏が出来ても
バイトとワリカンって、ホンマすごい。

道明寺サマとの先は前途多難やろうけど
がんばってほしいわぁ。


Happy
Birthday
TSUKOSHI!


(↑正しくはTSUKUSHIやって知ってるしね(笑)
  道明寺サマのマネやから(笑))

Category:■漫画・アニメ語りコメント:0│ トラックバック :--
2007/12/26
00:00:00
父親の気持ち




オメデトウ





夫探しのゲームを説明した時の彼の顔ったらなかった。

ポーカーフェィスを保てない程にあの彼が驚愕していた。

当人であるわが娘はというと本質では理解していてもひどく呑気だ。

所詮、”遊び”だとでも思っているのか。

現状はそんなところ──だった。



世の中、弱肉強食である。

仕掛けたらその倍、いやそれ以上の気力で守っていかなければあっというまに足をすくわれる。

昨日の敵も、今日の敵も、すぐには止めを刺さない。

じわじわ苦しみ、もがき、落ちてゆくのを遠巻きに気の毒そうに見ている。

そう、あくまでも気の毒そうに、──生贄を捧ぐ、我は救いたまえ──と願っているのだ。



私は非常に幸運である。

強運なのは生まれ故か。

とにかく私はこの地位と富を築き上げた。

それは私が生きている間は普遍ともいえる。

が、どうだろう。

私が死んでしまったら、娘は私の持つ秘密までをも相続してしまう。

そうなってしまったら世界はすぐさま変貌する。

弱肉強食──だ。

あの娘は相続そのものに未練はないだろう。

しかし、会社は”家族”で作り上げられている。

私の下で働く何万、何千もの”家族”はどうなるのだろうか。

人のためなら──愛するもののためならば、あの娘は戦う──戦える子だ。

戦う分、傷つくということさえ恐れず進むだろう。

私とあの娘に流れる血がそうさせてしまう。

故に、あの娘の純粋さは──諸刃の剣──だ。

それを止める事ができるのはきっと──





「会長、時間ですが──。」

秘書の声に意識が急速に回復する。

寝ていたわけではないのに、夢を見ていたかのような妙な気分だ。

窓の外を眺めると夕日がとても美しかった。

「”彼” を呼べ」

「かしこまりました。」

──5分も開かずにその”彼”はやってきた。





「時間がないのにすまんね。まぁ、掛けたまえ。」

一度席を立って彼を迎え入れ前の席に促した。

「失礼します。」

「──遅かったな。もう少し早かったら美しいショーが見れたのに。」

「夕日、ですか?」

すでにマンハッタンは夕闇に溶け、街灯が活気を放っている。

彼は相変わらず、だ。

「──君は相変わらずストレートだね。」

つい、思っていたことを口に出して言ってしまう。

これがビジネスでの会話だったら独特の嫌味ともとれてしまうだろう。

それをも了承するように彼は話し始めた。

「”陛下”も変わらず、”ショー”をご覧になるのがお好きとか。確かに”日の国”だけあってあちらで見る夕日はまた格別ですね。」

「ほう、情報通なのも相変わらずのようだね。」

「──”陛下”とは恐れ多くも”ご友人”ですから。”彼女”といればごく自然に入ってくる情報ですよ。」

「ふふん、相変わらず、可愛くない。」

「すいません。」

謝る言葉を述べながらも彼の言葉も顔も決して謝っていない。

以前と変わらず私とのテンポのいい会話を楽しんでいるようにも見える。

ほんとうに相変わらず──だ。

そこがまた──小憎たらしい──



「──あと10年、少なくとも10年は勘当ってとこだね。」

「・・・」

「あの娘もまだ18歳だしね。若気のいたりってことで世間を欺けたとしても、あと10年、私は

”許さない”つもりだから──」

「はい、承知しています。」

驚きもせず、顔色1つ変えず、彼は私に頭を下げた。

「──そういうところが本当に可愛くないね、君は。イジメがいがないよ。」

「はは・・・十分、気持ちが重いですよ、ハリー。」

以前と同じく親しみを持って彼が私を呼ぶ。

やはり彼との会話は心地よい。

「──忙しいところすまなかったね。」

「いえ。」

「”陛下”とフランス公爵の彼、あっ、そうそう、わが宿敵のカール君にもよろしく伝えてくれたまえ。」

「──承知しました。」

「気をつけて──よい旅を」

「──ありがとうございます。」

そう言って彼が出て行く背中を見守りながら、私はやっと”本題”を口にした。

「そうそう、これは極秘事項なんだが──勘当中の娘にも伝言を頼めるかい?」

「──なんでしょう。」

扉に向かっていた彼がこちらを向いて私を見据えている。

「結婚、おめでとう。幸せに、と。──頼めるかな?」

彼の顔が少し変わった。

明らかに驚いている顔だった。

あの日以来久々にみる彼の”動揺”だった。

「──承知しました。」

「──ああ、君は本当に可愛くない!そういう時は”ありがとうございます”って言って笑顔でも見せてくれればいいものを!」

「すいません。」

会話はさっきと同じ事を繰り返してはいたが彼の表情は華やかな笑みに包まれていた。

この男がわが愛しい娘をさらっていくというのに、私は完全に抵抗する事を放棄してただ見ているだけだ。

私がそう目論んで、結果、そうなったことだ。

果たして私のこの喜びはどういうものなのか。

結果への満足感か、それとも自然に湧き上がる感情なのか。

「──幸せを約束します」

華やかさを残したまま力強く放った言葉を聞いて私の感情は後者だと確信した。

私はまだ企業家としても、親としても、甘いのだろう。

「グッドラック!(幸運を)」

私の発したその言葉を聞いて彼は少し振り向いて頭を下げてから部屋を出て行った。

立つものに送る言葉を君に贈ったのはいうまでもない。

これからが本当の”はじまり”だということだ。

そう、ゲーム(お遊び)は終わったのだ。





「会長、時間ですが」

「──今行く。」

相変わらず、私の時間は忙しい。

それこそが幸せだと今、思う。

世の中は弱肉強食だ──

それであるから真剣な”生”は美しい。

またそれと隣り合せの”死”をも同じだ。

故に願わずにはいられない。

君たちに幸あれ、と──



 







Driven;Logic様 日常生活から30のお題より



こえー、立人花鹿の結婚前夜のハリーのぼやき(笑)です。

ハリーのイジワルさが好きだわぁ。

それに負けてない立人も。



今度はちゃんと立人と花鹿のお話を書いてみたいです。



お粗末さまでしたっ!



2007/12/26 







 





Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:花咲けるSSコメント:0│ トラックバック :--
08:25:56
えー、SS書いてるけどなかなかUPできない状況が続いてます。
難しいね、SS。
今は平和以外にひとつ書いてるんやけど、めっちゃ難しい。
基本的に平和は”日常の恋愛”って感じやけど今書いてるのって私の日常からはほど遠いところにあるもんやから・・・
言葉回しとか、すごく難しい。
ちゃんと国語、勉強しとくんやったなぁ。
文法系、寝てたからなぁ(笑)


それはそうと、
コナンくんの実写、見ました。
小栗くんが「バーロ」言うたびに大爆笑!
実家の妹君とメールしながら見てたんやけど
「バーロ」って言うたび、どっちかが
「1バーロ入りました~」とかってメール打ってました。
1バーロって1ユーロみたい(笑)
小栗くんが「制服姿はこれで最後」とか言ってらっしゃる
みたいやので実写版の続きはなさそうやね。
でも、でも、あえてまたするとしたら、
今度こそ”平和”も出してーな!(和葉ちゃん風に(笑))

妹とメールでその話をしてたら
「平次は●●がいいんとちゃう?」
って返信がありました。
そうそう、それサイコーやわ。
名前はあえて伏せますが、J系関西Gの1人です。
過去にはエリカ様とも共演を・・・ってヒト。
意外と好きな方の子やったんで、それアリって
思いました。ちょっと色も黒いし(日焼?)
で、和葉ちゃん。
カレはバリバリ関西弁やけど、芸能人で若い女の子で
関西弁喋れて可愛い子っている?
うーん、思いつかない・・・
これさえ浮かんだら妄想バッチリやのにぃ。




そんなアホな事を考えながらボチボチ生きてます(笑)

Category:■漫画・アニメ語りコメント:0│ トラックバック :--
19:56:06





簡単にゆうと

好きってことやな──



  っちゅー告白されてん。

  どない思う?そんなんあり?



ってゆうてる顔がにやけてるし──

はいはい、ごちそうさん。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月18日 告白(こくはく)
告白した男 → 告白された女 → 女の友達 な流れで。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


Theme:浪速唄 Genre:学問・文化・芸術│ Parent category:■詩 Category:浪速唄コメント:0│ トラックバック :--
2007/12/17
08:49:29
もう、どんどん増えていくカテゴリー、
いいのか?(笑)
とりあえずこれで当分は打ち止めやろうけど・・・

きっかけは「あさきゆめみし」
そう、あの大和和紀先生のね。
昨日のギリ神語りじゃないけど
今も、昔も、恋愛って生生しいなぁって思った。
当時高校生やったし、私。
まぁ、主人公の源氏の君ったらね、オサカンで(笑)
私はずっと紫の上(君)が大好きで源氏が
小憎たらしいったらなかった(笑)


あの時代の良家の女性は、
プライドも高く、でも自分のことを自分で決めてはいけない
寂しさや悲しさがあって”物の怪”に憑かれるっていうのも
そういう気持ちがあってのことやったんやろうね。
と思える今日この頃。

田辺聖子先生の源氏物語 上中下巻がすごく読みやすくて
あさきゆめみしのあとはきちんと小説を読みました。

それにしても女の執念って怖いね(笑)
それもなにも源氏が悪い!(笑)


なんて素敵にジャパネスクも持ってます(笑)
最近の人妻編はイマイチなんやけど・・・
高彬よりタカオ好きやわぁ(笑)


こちらもギリ神同様、1~2年に一度ブーム再燃します(笑)
その割にはめっちゃ近いとこにある宇治の源氏物語博物館?
みたいなとこ行ってないし(笑)石山寺も行ってない(笑)
めっちゃ近いのに、行かない。
だって同じ趣味の人がまわりにいないし、なんとなく・・・ね。
年いったらね、行けるかも(笑)

そんな感じでコチラも好きです。
すいません、大風呂敷で(笑)



Category:■漫画・アニメ語りコメント:0│ トラックバック :--
2007/12/16
15:54:28
えー、
中学生の時、漫画よりも何よりもハマっていたのが
ギリシア神話 でした。
学校が毎夏、本屋さんと提携して6月頃に”夏休みに読みたい本”
としてリストをくれるんです。
で、気に入った本があればマルしてご購入・・・って訳。
その時買ったのが
「ギリシア神話」 と 「アダムとイヴ」の2冊。
今でも持ってます。
まあ、薄っぺらい本で、入門編やね。
でも、そこからですよ、始まったのは。
図書館通いもしたし、本屋での立ち読みもしました。
面白かったのは人間と神様って全然変わらない。
欲のために失敗したり、計算高かったり。
それが何とも面白かった。
それから社会人になっても1年に1回ぐらいのペースで
来ましたよ、神話ブームの波が!
その波がくるたんびに神話本買うから、今ではすごい量になってます。

一番好きなのはギリシア神話。
次は日本の神話。
その次は北欧神話、かな?
あとの神話はあんまり知らない。

私が中学生の頃、セイントセイヤが流行っててね、
や/お/い がまさしく始まったころで・・・
私もブラバン部から文芸部に鞍替えして
漫画とか小説とか書いてましたわww

その時の作品が、ギリシア神話。
そうです、私の創作デビューですね(笑)
その当時はヘタクソな漫画でギリシア神話の
創作を書いてたけど、今度はSSで書いてみたいです。

って夢ばっかり(笑)


Category:■漫画・アニメ語りコメント:0│ トラックバック :--
15:10:10
えー、このサイトに復帰してからずっと、
来年版の366日お題を練ってました。
2006年版と言葉をかぶらないようにしてます。
お題の参照は
・季節の言葉
・曲名
・関西弁
・英語
・四字熟語 etc

いろんな本を参考にしました。
前回より色んな作品が作れそうな(挫折しそうな(笑))
感じです。

私も更新できる日に挑戦します。
もし興味のある方は、お題規定を読んで了承の上
挑戦ください。


Category:日記・情報コメント:0│ トラックバック :--
15:03:11
『2008年花音的366日のお題』



2008/1/1 大願成就
2008/1/2 おめでとう
2008/1/3 真鯛
2008/1/4 まっしぐら
2008/1/5 イチゴ大福
2008/1/6 大盤振舞
2008/1/7 過去
2008/1/8 星屑
2008/1/9 早梅
2008/1/10 雪だるま
2008/1/11 鏡
2008/1/12 雷光
2008/1/13 headache
2008/1/14 ライスパール
2008/1/15 深緑
2008/1/16 ラズベリー
2008/1/17 冬の川
2008/1/18 憶測
2008/1/19 夢見る少女じゃいられない
2008/1/20 四面楚歌
2008/1/21 空色
2008/1/22 夫婦
2008/1/23 香辛料
2008/1/24 途中下車
2008/1/25 純真
2008/1/26 ご馳走
2008/1/27 最高
2008/1/28 あかんたれ
2008/1/29 ささやき
2008/1/30 パイオニア
2008/1/31 西風

2008/2/1 さくら草
2008/2/2 白川夜船
2008/2/3 クール
2008/2/4 白梅
2008/2/5 多岐茫洋
2008/2/6 素晴らしき世界
2008/2/7 ももいちご
2008/2/8 家庭
2008/2/9 島
2008/2/10 日向ぼっこ
2008/2/11 ババロア
2008/2/12 友情
2008/2/13 サナギ
2008/2/14 バレンタイン
2008/2/15 平和
2008/2/16 名誉
2008/2/17 夜
2008/2/18 奏鳴曲
2008/2/19 生命
2008/2/20 仲間
2008/2/21 流石
2008/2/22 ため息
2008/2/23 リラックス
2008/2/24 雪の朝
2008/2/25 寒天
2008/2/26 遠慮
2008/2/27 お酒
2008/2/28 メトロノーム
2008/2/29 wait in line

2008/3/1 夢見月
2008/3/2 草餅
2008/3/3 れんげ草
2008/3/4 再三再四
2008/3/5 仮面
2008/3/6 I'm sad
2008/3/7 草の芽
2008/3/8 守護
2008/3/9 春の水
2008/3/10 ロマンチスト
2008/3/11 蜆
2008/3/12 さいふ
2008/3/13 訪れ
2008/3/14 美しき人
2008/3/15 理想
2008/3/16 ファーストキス
2008/3/17 ミス
2008/3/18 いわす
2008/3/19 珠玉
2008/3/20 等身大
2008/3/21 探検
2008/3/22 オレンジシャーベット
2008/3/23 マンゴー
2008/3/24 ハート
2008/3/25 ワインレッド
2008/3/26 贅沢三昧
2008/3/27 君は少しも悪くない
2008/3/28 上品
2008/3/29 大地
2008/3/30 変わらない
2008/3/31 琥珀

2008/4/1 桜
2008/4/2 期待
2008/4/3 玉石混淆
2008/4/4 ピアノ
2008/4/5 花明かり
2008/4/6 春の夜
2008/4/7 花
2008/4/8 casual promise
2008/4/9 騎士(ナイト)
2008/4/10 お人よし
2008/4/11 闘争心
2008/4/12 椿餅
2008/4/13 衝動
2008/4/14 単刀直入
2008/4/15 終日
2008/4/16 蛤
2008/4/17 戦争
2008/4/18 良心
2008/4/19 低俗
2008/4/20 翡翠
2008/4/21 1/2の助走
2008/4/22 こさえる
2008/4/23 埋れ木
2008/4/24 決心
2008/4/25 フルーツパフェ
2008/4/26 人
2008/4/27 きっと忘れない
2008/4/28 真昼
2008/4/29 メロン
2008/4/30 春の空

2008/5/1 心
2008/5/2 茶目っ気
2008/5/3 あないなこと
2008/5/4 にらめっこ
2008/5/5 すずらん
2008/5/6 アイデア
2008/5/7 無限大
2008/5/8 キャッツ・アイ
2008/5/9 午後
2008/5/10 つつじ
2008/5/11 できるだけ
2008/5/12 若竹
2008/5/13 両思い
2008/5/14 冷淡
2008/5/15 興味津々
2008/5/16 枇杷
2008/5/17 表示
2008/5/18 波
2008/5/19 こそばい
2008/5/20 満足感
2008/5/21 going out
2008/5/22 ハッピーエンド
2008/5/23 パインアイス
2008/5/24 派手
2008/5/25 返事
2008/5/26 共存共栄
2008/5/27 カプセル
2008/5/28 ナッツ
2008/5/29 火
2008/5/30 ゴミ
2008/5/31 高菜

2008/6/1 風待月
2008/6/2 プリンアラモード
2008/6/3 背信
2008/6/4 ええねん
2008/6/5 go ahead
2008/6/6 メロンイエロー
2008/6/7 納涼
2008/6/8 トマト
2008/6/9 結婚
2008/6/10 時
2008/6/11 ブルーベリー
2008/6/12 感慨無量
2008/6/13 紅の花
2008/6/14 追想
2008/6/15 恋忘れ草
2008/6/16 日没
2008/6/17 あこがれ
2008/6/18 野望
2008/6/19 京都
2008/6/20 エネルギー
2008/6/21 南風
2008/6/22 有能
2008/6/23 迷子
2008/6/24 さびしがり
2008/6/25 厚顔無恥
2008/6/26 夏の夜
2008/6/27 うっとい
2008/6/28 弓
2008/6/29 ゼラニウム
2008/6/30 トウモロコシ

2008/7/1 文月
2008/7/2 金魚草
2008/7/3 eat my heart out over her
2008/7/4 破りたい
2008/7/5 スコーン
2008/7/6 ライム
2008/7/7 笹
2008/7/8 余裕
2008/7/9 助言
2008/7/10 姿
2008/7/11 どんけつ
2008/7/12 レタス
2008/7/13 シグナル
2008/7/14 異邦人
2008/7/15 夏
2008/7/16 末摘花
2008/7/17 頂点
2008/7/18 夜の芝生
2008/7/19 生姜
2008/7/20 Tシャツ
2008/7/21 相思草
2008/7/22 something sweet
2008/7/23 プール
2008/7/24 微笑み
2008/7/25 貝
2008/7/26 強がり
2008/7/27 旧態依然
2008/7/28 ナイーブ
2008/7/29 地震
2008/7/30 青田
2008/7/31 一目瞭然

2008/8/1 撫子
2008/8/2 誕生
2008/8/3 入道雲
2008/8/4 ことづて
2008/8/5 夏の月
2008/8/6 うれしいこと。
2008/8/7 白玉団子
2008/8/8 深紅
2008/8/9 無花果
2008/8/10 説得
2008/8/11 8月の長い夜
2008/8/12 細石
2008/8/13 キリン
2008/8/14 月見草
2008/8/15 流言飛語
2008/8/16 さらす
2008/8/17 田園
2008/8/18 宇治みぞれ
2008/8/19 失敗
2008/8/20 蜜柑色
2008/8/21 let it be
2008/8/22 電車
2008/8/23 タイミング
2008/8/24 パセリ
2008/8/25 日傘
2008/8/26 願望
2008/8/27 銀河
2008/8/28 血気盛ん
2008/8/29 太陽
2008/8/30 挨拶
2008/8/31 博学多才

2008/9/1 映画
2008/9/2 秋刀魚
2008/9/3 in a week
2008/9/4 スリル
2008/9/5 アホらしい
2008/9/6 女郎花
2008/9/7 露華
2008/9/8 待ち人
2008/9/9 いいなり
2008/9/10 ようさん
2008/9/11 アロエ
2008/9/12 茫然自失
2008/9/13 妥協
2008/9/14 古色蒼然
2008/9/15 名月
2008/9/16 山葡萄
2008/9/17 孤独
2008/9/18 月見団子
2008/9/19 恋路十六夜
2008/9/20 お酌
2008/9/21 秋色
2008/9/22 月
2008/9/23 光と影
2008/9/24 竜胆
2008/9/25 ハーモニー
2008/9/26 オリジナル
2008/9/27 森
2008/9/28 夜の帳
2008/9/29 雑炊
2008/9/30 夜明け

2008/10/1 プレイ・ボール
2008/10/2 困惑
2008/10/3 パワー
2008/10/4 相相傘
2008/10/5 胡桃
2008/10/6 仲直り
2008/10/7 泳ぐ
2008/10/8 ノスタルジア
2008/10/9 シャイ
2008/10/10 傲慢
2008/10/11 コウノトリ
2008/10/12 too bad
2008/10/13 ほっこり
2008/10/14 露霜
2008/10/15 ヤバイ
2008/10/16 優等生
2008/10/17 竜田姫
2008/10/18 紅葉狩
2008/10/19 門外不出
2008/10/20 快楽
2008/10/21 充電
2008/10/22 銀杏
2008/10/23 たい焼き
2008/10/24 プルシアンブルー
2008/10/25 不倶戴天
2008/10/26 霧の香
2008/10/27 英雄
2008/10/28 正念場
2008/10/29 ラ・フランス
2008/10/30 香り
2008/10/31 カラー(花)

2008/11/1 寿司
2008/11/2 帰り道
2008/11/3 拒絶
2008/11/4 感覚
2008/11/5 海
2008/11/6 That's amazing !
2008/11/7 木枯らし
2008/11/8 木の葉
2008/11/9 バームクーヘン
2008/11/10 三拍子
2008/11/11 黒
2008/11/12 レモン
2008/11/13 安心立命
2008/11/14 スタミナ
2008/11/15 きもの
2008/11/16 アンモナイト
2008/11/17 落花生
2008/11/18 故郷
2008/11/19 蜘蛛の糸
2008/11/20 自己暗示
2008/11/21 枯野
2008/11/22 予感
2008/11/23 浮世
2008/11/24 因果応報
2008/11/25 綿雲
2008/11/26 華
2008/11/27 めんどい
2008/11/28 忍耐
2008/11/29 都鳥
2008/11/30 過激

2008/12/1 じゃらじゃら
2008/12/2 the person is obnoxious
2008/12/3 海路
2008/12/4 地獄
2008/12/5 雲
2008/12/6 姉
2008/12/7 原石
2008/12/8 リアリズム
2008/12/9 変幻自在
2008/12/10 大自然
2008/12/11 粕汁
2008/12/12 媚薬
2008/12/13 鷹
2008/12/14 ピンク・サファイア
2008/12/15 どんでん返し
2008/12/16 記憶
2008/12/17 焼き鳥
2008/12/18 風
2008/12/19 年の暮
2008/12/20 肯定的
2008/12/21 花道
2008/12/22 焼きりんご
2008/12/23 冬至
2008/12/24 クランベリー
2008/12/25 樅の木
2008/12/26 クリスマス・ローズ
2008/12/27 賑やか
2008/12/28 誇り
2008/12/29 エコロジー
2008/12/30 運命のルーレット廻して
2008/12/31 一攫千金



□お題提供:十三夜

■コピペにてお持ち帰りください。
■リンクをお貼りください。
■利用規約はコチラから。
 


Theme:お題 Genre:小説・文学│ Parent category:■お題 Category:365日花音コメント:0│ トラックバック :--
14:53:49


thanks for clef



心も体もいつも以上にバランスが悪い。

恋の始まりはいつもそう。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月16日 バランス
食べ過ぎたり食べなかったり泣いたり笑ったり
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


Theme:詩 Genre:小説・文学│ Parent category:■詩 Category:コメント:0│ トラックバック :--
20:10:42
えー、実家の妹から借りましたww
『花咲ける青少年』
っていっても独身時代の私のコレクションなんやけど(笑)
何度読み返しても名作だわぁ
あの話はどんなに面白くてもドラマ化はできないね。
そう、並のスケールじゃない設定やもんね。
だからこそ立人も花鹿もユージィンとかルマティが
私の中で鮮やかに動いてるわぁ。

花咲ける~が好きなのは勿論先述の話が
しっかり出来てるってのもあるけれど
それ以上に、一人一人のキャラクターの喜怒哀楽が
うまく書かれてる!

特に好きなのが立人!
恋が叶ったら終わり!っていうのではなく、
その恋故の障害に挫折し、でも励まされ、自分を見つめなおすって
いう、人間ならどんな人にでもある感情を描いて
立人も花鹿も普通の人なんだと認識させた上での
かっこよさがあるなーと思うんです。
勝ってばかりではなく負けたからこそ更に強くなって勝てる
っていう前向きとそして後ろ向きな気持ちが
本当に伝わって、カッコ悪い立人までもが好きなのww


ユージィンのとことんなマゾっぷり、ある意味究極の愛が
すごく切なくて、でもユージィンの前時代の遺物としての
タフさが立人とはちがった大人だなと思う。

ルマティにしてもマハティにしても王が第一の世襲制の中で
国の存亡か、繁栄かを委ねられるカリスマとしての孤独さや
寂しさが伝わってくる。ドM的にはこういう高飛車キャラ、
大好きやわぁ。

カールは、うん、まあはきり言うとね、好みじゃない(笑)
でも、彼の生真面目さがあるからこそ立人やユージィンが
際立ってくるのも事実か?ゴメン(笑)

花鹿ちゃんは文句なしにかわいいww
あの立人に対する気持ちの鈍感さはスゴイ!
でも命をかけて愛しそう!あんな風に確信を得た
話をできる彼女もさすがカリスマの血!!

意外と好きなのはナジェイラちゃん。彼女はすごく大人っぽくなったね、
恋はすごい、盲目とはよく言った!って思った(笑)

クインザも徹底的な悪なのが返って切なくてよかった。



ああ、いっぱい書きたいことがあって
いっぱい好きだな、この作品。
この作品で二次してる人、いないのかなぁ。
書いちゃうか?(笑)
ムリだろ(笑)
まぁ、鉄は熱いうちに打て!じゃないけど
読み返して熱が冷めないうちに語りをUPしますww



Category:■漫画・アニメ語りコメント:0│ トラックバック :--
2007/12/15
18:20:32


thanks for Follet



変身するように

1人だけカッコよくなって

男の子はズルイ


──どんどん好きになってしまうよ──


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月15日 変身(へんしん)
いつからか・・・ね
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


Theme:詩 Genre:小説・文学│ Parent category:■詩 Category:コメント:0│ トラックバック :--
20:49:07


thanks for ATELIER M



キラキラと数多輝く家路かな

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月14日 数多(あまた)
どこみてもイルミネーション、な今日この頃
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


Theme:川柳 Genre:小説・文学│ Parent category:■和歌 Category:川柳コメント:0│ トラックバック :--
00:00:00
 淡い約束 



顔赤いでオニーサン



走るから追いかける──

本能に従って俺は走る彼女を追いかける。

やっと彼女に追いつく。

肩をつかむと彼女がこっちをむいて、笑った。

その笑顔がすごく可愛かったから──

瞳が彼女の口を追っていた。

あと少し、

あと少しで──

瞳で捕らえた獲物に近づいた瞬間──





「なんちゅー顔して寝てんの。はよ起きなさい!」



違う女の──オカンの──声で目が覚めた。

何が起こったんか?

脳が覚醒を急ぐあまり、行動はあまりにもお粗末なものになった。

つまり、オカンの手をにぎってしまったのだ、がっつりと。



「なんやの?朝っぱらから。珍しくちゃんと起きたと思ったら、お母さんの手、握ってぇ。

あんた、バカ力なんやから痛いやないのぉ。」

オカンの呆れた声でやっと脳が追いつきあわてて手を離した。

「ほんまにもう・・・変な夢でも見てたんやろ?」

その言葉に今の今まで見ていた夢の出来事を思い出す。

そうや、あとちょっとで、あとちょっとで和葉とキ──

キスぅ?

なんでやねん、なんであいつと──



「ははーん、ええ夢やったみたいやなぁ。そりゃお邪魔しました♪」

最後に変な節をつけてオカンが俺の部屋から出て行こうとする。

「あ、あほっ、そ、そんなんとちゃうわ!」

そんなんとちゃう、そんなんとちゃうのになんであんな夢見たんやろう。

俺、何考えてんねん、”和葉”やぞ、和葉に何しようとしてたんや──

「顔赤いでオニーサン♪」

いつの間にかそばまで来てたオカンが俺の耳元で囁いた。

「もうじき和葉ちゃんが迎えに来るから夢の続き、お願いしてみたら~」

それだけを言うとものすごい速さで俺から離れて部屋の戸をピシャッと閉めた。

残されたのは、俺ひとり。





服部平次 17歳の冬──

いまだこの気持ちの答えをみつけられておらず。

──でも本能は正直?──

続きを──和葉にお願いしてみよう──かどうかを真剣に考えているのだった。













このセリフを見た瞬間 静香vs平次が浮かんで・・・

そのまま書いたらこうなりました。

考えてから書きあげるまで1時間もなかった・・・

雑な作品(笑)



読んでくれてありがとう♪


2007/12/13









Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:平和SSコメント:0│ トラックバック :--
2007/12/11
18:54:50


thanks for 工房 雪月華



泣けなくて後悔ばかり 霜が咲く

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月11日 霜(しも)
霜って見えそうで見えない?
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


Theme:俳句 Genre:小説・文学│ Parent category:■和歌 Category:俳句コメント:0│ トラックバック :--
20:38:12


thanks for Lovepop



今からが本番。 毎朝そう呪文をかけて扉の外へ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月10日 今(いま)
めっちゃ後ろ向きやけど、前向きになろうとする儀式。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


Theme:一行詩 Genre:小説・文学│ Parent category:■詩 Category:一行詩コメント:0│ トラックバック :--
2007/12/10
00:00:00
やきもちが生み出した結末



余裕やな。






雪が降るんとちゃうかってぐらいその日は寒い日やった。

風が冷たくて和葉は手袋の上からでも自分の息をかけていた。

暖かな服部邸まではもうすぐってところで急に和葉が歩みを止めた。

「どないしたんや和葉?」

はーはーはー。

和葉が手袋にかけた息が白く舞い上がる。

もうちょっとで家やのに、こんなとこで更に体を冷やすのはごめんや。

さっさっと返事をせぇへん和葉に苛立ってくる。

和葉の調子がどうもおかしい・・・。

「平次・・・」

「なんや。」

「平次は・・・いつもどうやって断ってんの?」

「は?」

「せやから・・・今日な、告白されてん・・・」



──その日は寒波到来やってこと、後でTVが告げとった──





探偵としての灰色の脳細胞が動く。

多分、告白されたんは帰る前やな。

それまでは普通やったし。

そうや!和葉ゴミ捨てにいってなかなか帰ってこおへんってあいつらゆーとったな。

確かに掃除が終わって帰るときはぼーっとしとったな。

俺らのクラスのホームルームが終わったんはしゃべりの担任のせいで遅かった。

俺らが掃除にかかろうとした時には同じ学年の他のクラスは帰りだしとった。

三年の先輩らは試験休みでおらんし。

同じクラスのやつらは掃除やら雑談やらでみんないよったしなぁ。

ははん、ちゅーことは、1年坊主やな?

ジロっと目の前にいる和葉を見る。

あれから、すぐ俺らは服部邸へと帰ってきた。

俺はともかく、当たり前のようにオカンは和葉を迎え入れる。

その時には和葉にいつもの笑みが戻ってた。

アイツ、うまいことスイッチ入り切りしよるで。

俺はいつも以上にトゲトゲしたツッコミを心の中でしてた。

意味不明のままのもやもやした苛立ち。

原因がさっきの和葉の言葉なんはわかっとる。

”子分”がいきなり大人っぽく見えたってのが多分、原因か?

そんな風に自己分析してみるもイライラは収まらない。



「で?」

おかんがもってきたみかんをむきながら憎たらしいぐらいにニコニコしとる和葉に言葉をふった。

「告白ってなんやねん。」

俺の言葉で和葉の動きが止まった。

みかんを食べようとしていた楽しげな和葉の顔つきが変わる。

「・・・もういいよ、ごめん。」

「もういいって!中途半端できしょいやんけ。」

「・・・」

「・・・一年坊主に告白されたんか?」

「なっ、なんで知って・・・」

やっぱりか、ビンゴやな。

「・・・見てたんとちゃうやんなぁ・・・?」

「あほ、オレそんなヒマとちゃうわ。」

見てたら、どうしたやろう──

ふとそんな事を思ってしまった。

すぐさま、そんなこと思ったことをなかったことにしようとする自分の心。

イライラはますますつのる。

「初めてやってん、告白されたん・・・。しかもあんまり知らん子やったし。なんか逃げるみたいに帰ってきてしもてん。悪いことしたなぁ・・・」

無理していつもみたいに笑おうとする和葉の言葉は弱弱しかった。

「・・・めずらしく、モテとんのに・・・嬉しそうにせいや。」

苛立ちは収まらない。

「・・・平次みたいには思えへんもん。」

「え?」

「・・・好きな人以外に告白されても嬉しいって思う余裕なんてないもん。人から好きって言われて、それに応えてあげられへんのって怖いって今日思った。好きな人に告白すらできひん私に、真剣に告白してくれた気持ちを茶化すことなんかできひんもん!!!」

和葉の声は今にも泣きそうやった。

その泣きそうな顔のまま、目は俺を睨みすえとった。

意思を感じる強い目に俺はのまれそうになる。

そういえば、こんな真剣に和葉と言い合いしたことあったやろか?

いつもどっちかが茶化して茶化されて・・・

俺らはいつもそうやってきた。

それがなんでできひんのやろう?

今まではそれが心地よくて手放したくなかったはず。

だからこそそれにしがみつこうと必死やった、俺も、和葉も。

そうか、そういうことやったんか・・・。

否、そうやったんや。



「・・・俺かていつも余裕なんてないで。」

自分でもびっくりするほどの低い声やった。

そして心は不思議に軽かった。

「いっこ謎が解けた思ったらまた謎ふっかけてくる”ややこしい女”がそばにいよるからなー。

余裕もなにもないわ。」

そう言いながら自分の本心と向かい合う。

そうなんや、俺は”ややこしい女”のために告白されたら断っとったんや。

それを気づかんように必死やった。

必死になって現状維持してきたんや。

”子分”とかいう言葉を使ってまでも。

俺が今まで作ってきたガチガチになってる心が和葉が言った一言で溶けそうになってる。

ここまできたら溶かそう、溶かそうと急かしよる。

「その謎の答え、教えてくれや──

お前の好きなやつって誰やねん?俺はお前が──和葉が──」





私はその日、初めて告白──された。

好きやって気持ちは嬉しかったり怖かったりする。

気持ちが勝手に言葉を紡いで暴れだす。

そんな単純で複雑なものを私はずっと持っていた。

今までがどうやって押えていたのか不思議なぐらい今は自分に正直にいられる。





「わたしも──好きやから──ずっとずっと好きやから。」



寒波到来のその日、私の歩いてきた道は大好きな人のいる道に繋がった。























とにかくワタクシ、告白妄想大好きみたい・・・

そればっかり書いてますなぁ。

しかも文章ムダに長いし(;´▽`A``

すいません。すいません。

読んでくださった皆様、アリガトウ♪



2007/12/10








 




Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:平和SSコメント:0│ トラックバック :--
2007/12/09
22:11:02


thanks for p-fan.net



チョイスする自由

人も

街も

夢も

チョイスされてデコレートされている

イカれた音楽を聴いて

通り過ぎる街並みは

ガラクタだらけモノだらけ

無機質な清潔感に

嫌悪しながら

私の足は

無敵の音を響かせる




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月9日 音楽(おんがく)
とことん反抗的(笑)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


Theme:つぶやき Genre:小説・文学│ Parent category:■詩 Category:コメント:0│ トラックバック :--
2007/12/08
08:58:20


thanks for m-style



今、

立っているところから

北も

南も

西も

東も

見渡せる──




アテンションプリーズ

急加速の恋にベルトをしめて

トランジットは最速で

地球全体を巻き込んで

あなたの元へエクスポート



ノークレームノーリターンが鉄則で

このまま私を愛してみる?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月8日 南(みなみ)
・・・詩的には好きやけど・・・御題的には笑うしかない(笑)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


00:00:00
地獄から天国?



唇切れてんで。





もう、慣れたはず、やった。

平次が告白されるんなんてもう、数えられんぐらいあった。

平次を校舎裏に呼び出したり帰り道を待ち伏せしたり、私がいるか、いいひんかなんて

お構いなしにしてくるコもいる。

そして、わざわざ告白の一部始終を報告してくれるコがいる。

平次は知らんやろうけど、全部知ってるんやで。

どんなコからどんな告白されたんか。

嫌ってぐらいに。

今日は、帰るときに遭遇した。

3年生の、キレイなヒトやった。

平次は嬉しそうに笑ってた。

好みのタイプやったんかな?

OKするん?

少し離れたところにいる二人の会話を見てる側の自分が──

切なかった。

頭の中がぐるぐるまわる。

幼馴染なんてやめたいって思うこともあるけど幼馴染やから平次の傍にいれる。

だけど幼馴染はどこまでいっても幼馴染やねん。

私はただの幼馴染みやとは思ってないんやけど──





「お前、何考えてんねん、唇切れてんで。」

ふと顔をあげると平次のドアップ。

考え事の張本人の登場に動揺した。

「なっ、なんやの?びっくりするやないの!いきなり現れんといてーなっ」

すごく動揺してる、アタシ──

「いきなりって・・・オマエなぁ・・・。オマエがおかんに用事があってオレんち寄るって言う

から一緒に帰ってるんやんけ、ボケてんのかー?」

ちょっと小バカにして平次が言う。

なんかムカつく。

あんたのせいでめちゃめちゃ悩んでんのに。

「いろいろ考えてたん!! 平次と違って繊細やもん。」

「だ、れ、が、繊細やねん。繊細なやつが唇噛むかっ」

「繊細やし、悩むんやもん。」

「何悩んでんのか知らんけど、血出るほど噛まんでもええやんけ、ボケ!!」

「アホ!! ボケは平次やっ!」

伝わらない思い、伝えられない思いが爆発しそう。

泣きそうになる顔を平次に見られないように向こうへ向ける。





──もう、限界かも。

「──お互い、限界かもな・・・」

「えっ?」

思ってたことを言われて驚いて平次を見た。

「ややこしゅうてかなわん女やのになぁ・・・俺は和葉やないとアカンみたいやねん・・・」

真剣な顔した平次がいた。

頭の中は平次が発した言葉を一所懸命噛み砕こうとするんやけど、ダウンしたコンピュータのように思考が止まりそうやった。

「な、なんなん・・・」

「なんなんって?オマエ喧嘩売ってんのかぁ?」

「ち、ちがう・・・へっ平次、今なんて・・・」

「がー!和葉!!日本語理解できひんのか?・・・そやから・・・」

──和葉んことが好きやってゆうてるやろ──

消えそうなぐらいの声で言ったあと平次が私にキスをした。

初めてのキスは私の唇に体温を与えて──血の味がした。

「和葉の血、おいしいで」

平次がペロって私の唇を舐めて笑った。

離れていく体温に現実に戻される。

急に照れが襲ってきて平次から離れようとするんやけど平次は離してくれへん。

嬉しくて、死にそうやから離してーな──





平次が告白されるんなんてもう、数えられんぐらいあった。

その平次が告白してくれたこと、アタシはずっと覚えておくから──

「──私・・・ずっと好きやったんよ、平次のこと──」



──これが平次にとって最後の告白になりますように──






















やっと、UPできました。2作目。

めっちゃくちゃ反省点のある作品。

書き直すかも。

うん。

ボツにするかも。



私の中の平和の告白劇はね、言葉だけやなくて

キスとか、行動もともなってます。

幼馴染の壁を破る時ってかなりのパワーがないと

破れないやろうから・・・



読んでくれてありがとうございます♪



2007/12/08















Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:平和SSコメント:0│ トラックバック :--
19:54:44
こんばんわ。花音です。
さすが師走、なんかバタバタで更新が出来ない日も
でてきました。
でも、なんとか最後まで、がんばってみたいと
思ってます。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

改めまして、お願いがあります。


こちらのブログにのっている全てのテキストの
著作権は私、花音に帰属します。

また、テキストと一緒にあります写真についても
「花音撮影」と書かれたものも私、花音に著作権が
あります。
無断で転用・転載しないでください。

テキストと一緒にある写真で
「Thanks for ●●」と書かれたものは
それぞれ、その素材サイトさんに著作権がありますので
ここでコピペせず「Thanks for ●●」の●●にリンクが
貼ってありますので素材サイトさんへ行って、
そちらの利用規定にしたがってください。


こんな弱小サイトではございますが
ちゃんとネットマナーを守って行こうと思ってますので
ご協力よろしくお願い致します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++



Category:日記・情報コメント:0│ トラックバック :--
19:32:05




花音撮影




空も私も、フラストレーション

たまんない気持ちを抱いて

自転するだけの毎日





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月7日 自然(しぜん)
あー、また題を読み込めなかった・・・ヾ(_ _。)ハンセイ・・・
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


Theme:詩 Genre:小説・文学│ Parent category:■詩 Category:画詩コメント:0│ トラックバック :--
19:48:22



花音撮影




初雪やテレビの向こうは遠い国


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月6日 初雪(はつゆき)
ざ・ヒトゴト! すいません、雪国の方m( __ __ )m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


21:23:56



花音撮影




温泉や心の傷はなお深く


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月4日 泉(いずみ)
泉・・・でどうしても思いつかず・・・
温泉に逃げました(笑)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


08:45:26
みっ、見ましたー

昨日のコナンくん

もう、平和ファン万歳~的な感じでめちゃめちゃ嬉しかったわっww

OPも

平次→静華ママン→平蔵さん→和葉ちゃん・・・ってさ

大阪班出まくりやったもんねーww



原作本持ってるから話の流れも知ってるけどね、

一番驚いたんが、高校生平次、家でのシーン・・・

平次くん・・・

ピンクの服なんて着るのねっーww


週刊誌で読んでる方はあそこカラーやったし

知ってるんでしょうが、私、初見やったし、めっさウケたわ(笑)



お地蔵さん雪かけ事件 も

和葉ちゃん、リフト降りれない事件 も

おんぶ事件 も

全部組み込まれててウハウハな1時間でしたなーww



アレって新蘭ファンとしてはどうなんだろうね。

今回、平和バーンだったから物足りないかもね。

ごめんねーww



でも、ホンマに今年最後の、平和放送だろうね。

そう思うとますますテンションあがるわww



今日から二次小説サイト様で妄想、始まるかなー。

始まってくれたらいいなww

作品、楽しみにしてるから。



この放送に先駆けていろんな企画サイト様が立ち上がってて

本当に、楽しい毎日です♪



SSは全然書けないけど。

まあ、才能ないのでそんなもんです(笑)



自己満足ですから

まあ、ボチボチ書いていこうかと思ってます♪



ちょっとゲンキになったし

今日から嫌なお仕事、がんばるかなーww



Category:■漫画・アニメ語りコメント:0│ トラックバック :--
16:19:59


thanks for 乙女失格




感情を切り売りしても戸惑わず孤独に笑う 泣き虫シネマ


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花音的365日のお題 12月1日 シネマ
女優さん、演じてるうちに・・・
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌・俳句・川柳へ


情報




現在名様来訪中♪



お題一覧
利用規約を必ず
お読み下さい。

利用規約は■こちらから。

季語シリーズ
あいうえお・ABCシリーズ
ダイアリーシリーズ
曲タイトルシリーズ
小説タイトルシリーズ
熟語シリーズ
専門用語シリーズ
花音的365日シリーズ


 1 日本独特の時
 2 植物由来の和色
 3 冬
 4 源氏物語の女人より
11 カタカナ編
12 漢字一文字編
13 春の3音
14 春の5音
21 動詞編
25 オリュンポス12神より
26 ことわざ編
27 恋愛ダイアリー
28 恋愛 出会いから別れまで…
29 浪速言葉編
30 クラシック発想記号より
31 クラシック楽曲形式などより
32 aiko の曲
33 スピッツ の曲
34 関ジャニ∞ の曲
35 徳永英明 の曲
36 ZARD の曲
37 GO!GO!7188 の曲
38 Chara の曲
39 松田聖子 の曲
40 矢沢永吉 の曲
41 レミオロメン の曲
42 Mr.Children の曲
43 Perfume の曲
44 工藤静香 の曲
45 Kinki Kids の曲
46 宇多田ヒカル の曲
47 古内東子 の曲
48 サザンオールスターズ の曲
49 CHAGE&ASKA の曲
50 モーニング娘。 の曲
51 TM NETWORK の曲
52 大塚愛 の曲
53 ウルフルズ の曲
54 GARNET CROW の曲
55 B’z の曲
56 森高千里 の曲
57 Every Little Thing    の曲
58 山崎まさよし の曲
59 小松未歩 の曲
60  の曲
61 岡本真夜 の曲
62 相川七瀬 の曲
63 ポルノグラフィティ の曲
64 布袋寅泰 の曲
65 BUMP OF CHICKEN    の曲
66 ゆず の曲
67 川嶋あい の曲
68 UA の曲
69 NEWS の曲
70 山本リンダ の曲
71 椎名林檎 の曲
72 松浦亜弥 の曲
73 アンジェラ・アキ の曲
74 CHEMISTRY の曲
75 JUDY AND MARY    の曲
76 L’Arc~en~Ciel の曲
77 MY LITTLE LOVER    の曲
78 広瀬香美 の曲
79 平井堅 の曲
80 orange pekoe の曲
81 MISIA の曲
82 元ちとせ の曲
83 スキマスイッチ の曲
84 桑田佳祐 の曲
85 中森明菜 の曲
86 絢香 の曲
87 光GENJI の曲
88 岸谷香 の曲
89 V6 の曲
90 一青窈 の曲
91 山下久美子 の曲
92 BEGIN の曲
93 ドリームズ・カム・トゥルー の曲
94 槇原敬之 の曲
95 氣志團 の曲
96 大黒摩季 の曲
97 いきものがかり の曲
98 ORANGE RANGE の曲
99 SMAP の曲
100 RCサクセション の曲
101 中島美嘉 の曲
102 スガシカオ の曲
103 ケツメイシ の曲
104 福山雅治 の曲
105 プリンセスプリンセス の曲
106 小沢健二 の曲
107 YUKI の曲
108 矢井田瞳 の曲
109 モンゴル800 の曲
110 中川翔子 の曲
111 竹内まりや の曲
112 柴咲コウ の曲
113 米米CLUB の曲
114 Crystal kay の曲
115 原由子 の曲
116 中山美穂 の曲
117 PUFFY の曲
118 アン・ルイス の曲
119 BOΦWY の曲
120 三枝夕夏 IN db の曲
121 四字熟語・ダーク編
122 四字熟語・ノーマル編
123 類語編
124 三文字熟語編
125 諺編
126 漢字一文字・平仮名由来
127 漢字一文字・片仮名由来
128 アガサ・クリスティ の小説
129 星新一 の小説
130 藤本ひとみ の小説
131 赤川次郎 の小説
132 慣用句編
133 伊坂幸太郎 の小説
134 江國香織 の小説
135 桐野夏生 の小説
136 小池真理子 の小説
137 田辺聖子 の小説
138 藤堂志津子 の小説
139 野沢尚 の小説
140 連城三紀彦 の小説
141 夏の3音
142 夏の5音
143 秋の3音
144 秋の5音
145 
146 
147 反対語編
148 
149 
150 
151 
152 
153 
154 フォネティック・コード
155 略語編
156 結婚記念日
 ■  2006年版365日
 ■  2008年版365日


twitter
創作系リンク


★このブログをリンクに追加する★
素材リンク
いつもお世話になってます。

☆素材サイトさんに
伺われる方は
そのサイトでの
ルールを必ず
お守りくださいね。

☆ 十五夜
☆ m-style
☆ Heaven's Garden
☆ mattarihonpo
☆ ふわふわ。り
☆ ミントBlue
☆ 薫風館
☆ Little Eden
☆ k*sanctuary
☆ MILKCAT
☆ STAR DUST
☆ junks
☆ とほほのWWW入門


お知らせ
いつも訪問くださり
ありがとうございます。
このサイトの著作等については
■こちらよりご確認下さい。

当ブログを末永くどうぞ宜しく
お願いします。


 
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2007年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事
カテゴリ
自己紹介

花音

Author:花音

花音(かのん)
30歳から時の止まった
関西人

多趣味
そして飽き性(笑)

連絡先
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>