テキスト創作・お題配布サイト   master:花音
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2009/10/17
00:00:00
エドウィン原作設定 (ちょっとだけ未来、お付き合いしてません。)




ずっとずっと昔から、その涙はオレの人生をとことん左右してきた──




泣き顔





「エドのバカっ!」

そう叫ぶや否やウィンリィは部屋から飛び出した。

後に残るのは沈黙のみ。

あーあ、またやっちまった。

そう、ため息を漏らす前に隣からため息が漏れた。

「兄さん・・・」

弟、アルはここでいつも言葉を止める。

"わかってるよね?" "今のは兄さんが悪いよ" "謝ってきなよ" "ウィンリィがかわいそうだよ"

その言葉の続きはすぐに思いつくだけでもこれだけあった。

敢えてそれを言わない弟・アルにオレは答えた。

「わーってるよ」

そう言ってウィンリが出て行った方へ足を向けた。

言葉も行動もいつも通り、成長してない自分が情けない──





最近、泣かせてばかりいる。

機械鎧を壊して──今回のは破壊と言うべきかもしれない──怒り泣き出すウィンリィ。

生身の体が包帯だらけなのを見て心配して泣いてくれたウィンリィ。

知り合いの能無し大佐が優秀な美人の部下にプロポーズをして婚約したという話をした時に祝福の涙を流したウィンリィ。

セントラルに来た時に通りかかった霊安室に知り合いの顔を見つけて哀悼の涙を流したウィンリィ。

いろんな理由があるにせよ最近、笑ったウィンリィをあまりみない。泣き顔にはこんなに関わっているのに──





ウィンリィはいつものそこにいた。

その顔には涙のあと。

ウィンリィはオレの存在に気付くと涙のあとをぬぐい、きりっと怒ってる顔に戻した。

「遅い!」

怒ってる理由はそれかよ、とオレは小さく笑った。

いつものように悪かったと謝り、いつものように許してもらって、いつものように夕焼け見ながら家への道を歩いていた。

その時ウィンリィがぽつんと言った。

「最近、エドの困った顔しか見てないな・・・私が怒ったり泣いたりするからだね。」

足が止まった。

「ウィンリィ・・・」

その続きが言葉にならなかった。

ウィンリが怒ったり泣いたりするのは俺が困らせてるからだと思ってた事が逆に伝わってる。

反省しなければならないのは自分なのにウィンリィが反省してる。

ちがう、ちがうのに。

それでもアルみたいに素直にオレは謝れなくて──

「オマエが笑わないからだろっ、バーカ!」

と、なんとも幼稚な言葉しか出てこない。

「バーカって何よ。エドが無茶ばかりするんじゃない!何をどうやって笑うのよ!!」

「いいから!・・・オマエは笑ってたらいいんだよ、笑っとけよ。」

「・・・じゃあ、エドが笑わせてくれればいいじゃない!エドが、エドが・・・」

ウィンリィはそこで言葉を止めて泣き出した。そして一言、

「エドのバカっ!」

あーあ、また振り出しに戻ってしまった。

オレはホントに自分で自分を呪いたい、といってもこれ以上呪われた体になるのはゴメンだけど。

もう、どうしたらいいかわからない。ウィンリィとの関係ってこんなに難しかったっけ?

途方にくれながら夕焼けが作るオレとウィンリィの影を見ていた。

ちょっと前までは背の低かったオレもウィンリィの作ってくれた軽量化機械鎧のおかげなのか、成長期に突入したのか、身長が少し伸びてウィンリィを見下げるようになっている。

伸びた影が「オマエは体しか成長してない」と嘲笑っているかのように思えた。

「ウィンリィが笑ってくれたらオレも笑ってられるから・・・」

そういう気持ちをなんて伝えたらいいのかもどかしくてたまらない。

こんな風にしか本音をいえないのは情けないけどそれがオレの心からの願いだ。

しばらく沈黙に包まれた。

「・・・クスッ、バカエド!」

「なっ、てめえ・・・!」

オレの精一杯を笑ったことに文句を言ってやろうとウィンリィの顔を見るとそこには笑顔が咲いていた。

涙も乾ききらないその顔はオレの心の底にそっとしまった何かをゆっくり溶かそうとしていた。

その何かはきっと今は触れてはいけないものだと、溶ける前に無意識に押し戻した。

「フン。ヘンな顔!」

そう言ってオレは軽く駆け出した。

「なっ、なっ、なー!エドー!待ちなさいー!なんなのよー!エドのせいでしょー!!!コラー待てー!」

ウィンリィがオレを追いかけてきた。

怒って、泣いて、笑顔になって、また怒って・・・

ウィンリィには笑顔が似合ってて、それでもこんな風に泣かしてしまうんだろうな。

そして成長しないのはきっとオレだけなのかもしれない。

それでもいつか、心の底の何かを溶かすその日が来たら──

「いつかそのヘンな顔ごと、責任とってやるよ。」

ウィンリィに聞こえない小さな声で誓ったその言葉は夕焼けの闇に密かに消えていった。



 






泣き顔=「今度は嬉し泣きさせてやるっ!」っていう名言を

連想して書き上げた作品です。

私の作品の中でもエドはどこまでいってもヘタレです(笑)

でもちょっと素直でしょ?

実は原作・・・途中で読み止めたので今どうなってるのか全く知りません。

妹に聞いたら面白くなってきたとか・・・

実家に帰った時にまとめ読みしようと思います♪



お粗末様でしたっ



2009/10/17

 



Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:エドウィンSSコメント:0│ トラックバック :--
00:00:07
2009 St. Valentine's Day

~美味前夜~

Winly's eve



 リゼンブールにいた時は毎年のようにあげていた”義理”チョコたち。

 ここ何年かは兄弟達が旅立ったこともあって存在すらなかった。

 今はラッシュバレーで機械鎧の修行の日々。

 そんな日だってこと、忘れてたわっ! て口では言ってたけど・・・

 実際、かなーり意識してその日を迎えようとしていた。

 ──だって、エドを!よりによってあのエドを”意識”してしまった

 のだから──

 自分用よっ、自分用!!そう言い聞かせて夜中にチョコレートを手づくり

 する自分に呆れながらも騙されていた。

 エドへのキモチを込めたチョコレートは決して本人に食べられることは

 ないけれど、自分でそのキモチを味わおう──

 ささやかな儀式のはずだった。

 「明日、行くからな。」

 昼間にあったぶっきらぼうな電話。

 おかげでチョコは出番を迎えたわけだけど・・・

 どんな顔して渡したらいいのよー。

 眠れないまま夜があけようとしていた。




 えー、時間軸。前々日:チョコ作り。前日:電話あり

 ってな感じです。

 すいません。わかりにくくって・・・





 


Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:エドウィンSSコメント:0│ トラックバック :--
情報




現在名様来訪中♪



お題一覧
利用規約を必ず
お読み下さい。

利用規約は■こちらから。

季語シリーズ
あいうえお・ABCシリーズ
ダイアリーシリーズ
曲タイトルシリーズ
小説タイトルシリーズ
熟語シリーズ
専門用語シリーズ
花音的365日シリーズ


 1 日本独特の時
 2 植物由来の和色
 3 冬
 4 源氏物語の女人より
11 カタカナ編
12 漢字一文字編
13 春の3音
14 春の5音
21 動詞編
25 オリュンポス12神より
26 ことわざ編
27 恋愛ダイアリー
28 恋愛 出会いから別れまで…
29 浪速言葉編
30 クラシック発想記号より
31 クラシック楽曲形式などより
32 aiko の曲
33 スピッツ の曲
34 関ジャニ∞ の曲
35 徳永英明 の曲
36 ZARD の曲
37 GO!GO!7188 の曲
38 Chara の曲
39 松田聖子 の曲
40 矢沢永吉 の曲
41 レミオロメン の曲
42 Mr.Children の曲
43 Perfume の曲
44 工藤静香 の曲
45 Kinki Kids の曲
46 宇多田ヒカル の曲
47 古内東子 の曲
48 サザンオールスターズ の曲
49 CHAGE&ASKA の曲
50 モーニング娘。 の曲
51 TM NETWORK の曲
52 大塚愛 の曲
53 ウルフルズ の曲
54 GARNET CROW の曲
55 B’z の曲
56 森高千里 の曲
57 Every Little Thing    の曲
58 山崎まさよし の曲
59 小松未歩 の曲
60  の曲
61 岡本真夜 の曲
62 相川七瀬 の曲
63 ポルノグラフィティ の曲
64 布袋寅泰 の曲
65 BUMP OF CHICKEN    の曲
66 ゆず の曲
67 川嶋あい の曲
68 UA の曲
69 NEWS の曲
70 山本リンダ の曲
71 椎名林檎 の曲
72 松浦亜弥 の曲
73 アンジェラ・アキ の曲
74 CHEMISTRY の曲
75 JUDY AND MARY    の曲
76 L’Arc~en~Ciel の曲
77 MY LITTLE LOVER    の曲
78 広瀬香美 の曲
79 平井堅 の曲
80 orange pekoe の曲
81 MISIA の曲
82 元ちとせ の曲
83 スキマスイッチ の曲
84 桑田佳祐 の曲
85 中森明菜 の曲
86 絢香 の曲
87 光GENJI の曲
88 岸谷香 の曲
89 V6 の曲
90 一青窈 の曲
91 山下久美子 の曲
92 BEGIN の曲
93 ドリームズ・カム・トゥルー の曲
94 槇原敬之 の曲
95 氣志團 の曲
96 大黒摩季 の曲
97 いきものがかり の曲
98 ORANGE RANGE の曲
99 SMAP の曲
100 RCサクセション の曲
101 中島美嘉 の曲
102 スガシカオ の曲
103 ケツメイシ の曲
104 福山雅治 の曲
105 プリンセスプリンセス の曲
106 小沢健二 の曲
107 YUKI の曲
108 矢井田瞳 の曲
109 モンゴル800 の曲
110 中川翔子 の曲
111 竹内まりや の曲
112 柴咲コウ の曲
113 米米CLUB の曲
114 Crystal kay の曲
115 原由子 の曲
116 中山美穂 の曲
117 PUFFY の曲
118 アン・ルイス の曲
119 BOΦWY の曲
120 三枝夕夏 IN db の曲
121 四字熟語・ダーク編
122 四字熟語・ノーマル編
123 類語編
124 三文字熟語編
125 諺編
126 漢字一文字・平仮名由来
127 漢字一文字・片仮名由来
128 アガサ・クリスティ の小説
129 星新一 の小説
130 藤本ひとみ の小説
131 赤川次郎 の小説
132 慣用句編
133 伊坂幸太郎 の小説
134 江國香織 の小説
135 桐野夏生 の小説
136 小池真理子 の小説
137 田辺聖子 の小説
138 藤堂志津子 の小説
139 野沢尚 の小説
140 連城三紀彦 の小説
141 夏の3音
142 夏の5音
143 秋の3音
144 秋の5音
145 
146 
147 反対語編
148 
149 
150 
151 
152 
153 
154 フォネティック・コード
155 略語編
156 結婚記念日
 ■  2006年版365日
 ■  2008年版365日


twitter
創作系リンク


★このブログをリンクに追加する★
素材リンク
いつもお世話になってます。

☆素材サイトさんに
伺われる方は
そのサイトでの
ルールを必ず
お守りくださいね。

☆ 十五夜
☆ m-style
☆ Heaven's Garden
☆ mattarihonpo
☆ ふわふわ。り
☆ ミントBlue
☆ 薫風館
☆ Little Eden
☆ k*sanctuary
☆ MILKCAT
☆ STAR DUST
☆ junks
☆ とほほのWWW入門


お知らせ
いつも訪問くださり
ありがとうございます。
このサイトの著作等については
■こちらよりご確認下さい。

当ブログを末永くどうぞ宜しく
お願いします。


 
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事
カテゴリ
自己紹介

花音

Author:花音

花音(かのん)
30歳から時の止まった
関西人

多趣味
そして飽き性(笑)

連絡先

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
196位
アクセスランキングを見る>>