テキスト創作・お題配布サイト   master:花音
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
00:00:00
棗蜜柑SS(中学生・お付き合い設定)



満月が明るすぎて、眠れない──





安らげる場所







ベットから起きてカーテンを開けるとそこには満月が煌々と輝いていた。

静寂の中、見上げる満月は胸に沁みる。

じぃちゃんを思い出す──



コツン

窓ガラスに何かが当たる音でふと我に返った。

コツン

また石が当たる。石が飛んできた先をみれば──

棗がいた。窓と同じぐらいの高さの木の枝の上に。

『ま・ど・を・あ・け・ろ・よ』

棗の口がそう動いた。

あわてて窓を開けるとジャンプして棗が部屋の中へ着地する。

棗はウチを振り返りもせずそのままベットに潜り込んだ。

「ど、どうしたん棗・・・」

返事もなく、微塵も動く事がない。

心配になってベットサイドへ近づくと棗の手が伸びて、ウチをベットへと引きずり込んだ。

「なっ、どっ・・・」

一瞬のことで言葉が詰まる。

ベットの上で棗に組み敷かれる。

心臓は急に高鳴り始めた。

棗の顔が思いのほか近くこちらを見つめている。

その顔は月明かりで青白く、端正な顔が際立っていた。

キスされる!!!

そう思って、きゅっと目を瞑ると棗はウチの腹部に頭を軽く乗せた。

「・・・眠れねぇ。」

棗はそう低く、落ち着いた声で呟いた。

「・・・何かあったん?」

「別に・・・」

そう言いながらも棗の声は小さかった。

また、任務だったんだろうか?それともまた、例の発作が──

何があっても決して話すことはない棗だから無理に聞き出す事もできない。

「・・・満月が・・・明るすぎる・・・」

それだけ言って棗はウチをぎゅっと抱きしめた。

ウチを抱きしめたその手は微かに震えていた。

そっと棗の頭に手を当ててなでてみる。

以外と柔らかい髪は本当に"黒猫"のようだった。

棗は抵抗する事もなく、しばらくするとそのまま静かに寝息をたて始めた。

覗き見ると寝顔の棗は子供の様に可愛かった。

「棗・・・おやすみ。」

そう、棗に囁いたのだが結果、自分にもとうとう睡魔が訪れた。

あれだけ眠る事ができなかったのに──

棗の温もりに包まれながらそっと瞼を閉じた。



 




またもや中学生設定。

しかもお付き合い設定です。

普段は色々オトコマエな棗くんですが、

蜜柑ちゃんと二人の時はこんな風に甘える事もしてほしい!

棗くんは小さい頃、馨ママンが亡くなったからね、

あんまり甘えてこなかっただろうし、だからこそ

蜜柑ちゃんの前では弱みを見せたりしてほしいんだけど、

まだ若いもんね、粋がりたい時期だろうし・・・

蜜柑ちゃんはそういうところは以外と大人で、

黙って分かってあげてたりしてほしい!!

嗚呼、妄想って楽しい!

中学生設定バンザイ!!

早く、原作でも中学生になってくれたらなー。

その前に終わりそうだけど(笑)



2009/07/26

 



Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:なつみかんSSコメント:0│ トラックバック :--
00:00:01
2009 St. Valentine's Day

~美味前夜~



Mikan's eve




 棗は甘いもんはキライやけど、この季節だけは「まずいっ」って言い

 ながらもウチが作ったチョコを完食してくれる。

 ──手についたチョコを器用に舐める様はまるで”黒猫”のよう。

 そのなんともいえない表情は棗独特の色気で、ウチは赤面せずには

 いられない。

 その顔はすぐに棗に見つかってしまい

 「顔、リンゴみてぇ」

 ってイヤミを言われる。

 イヤミによって膨らました頬はさらにリンゴみたいやったに違いない──

 そんなウチに棗は余裕の笑顔を浮かべながらチョコ味のキスを落とす。

 深く、更に深く続くそれはチョコ以上に甘かった──

 ハッと意識を戻すと暗闇の中。

 一年前のバレンタインに今更ながらまた、赤面。

 チョコをつくるときは完全に純粋なオトメゴコロだけやのに、

 棗の為に──って言いながら、ウチはこの瞬間を夢見てるんかもしれんね。 

 でも、今年は、今年こそは──

 棗がチョコを食べる前にウチからキスをしたいな・・・

 ウチの心から溢れるキモチを添えて、棗を落としてみたい・・・

 いつのまにかやってきた睡魔を向かえ、テーブルの上のチョコが視界から

 遠ざかっていった。 







 中一ぐらい設定。

 ってディー●キスOKなのかしら(笑)

 あの棗ならやりかねんけどね(笑)










Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:なつみかんSSコメント:0│ トラックバック :--
00:00:00
苦しい恋ごころ。。。




涙の恋ごころ




目が覚めると棗がいた。

で、抱きしめられた。

その体は怖いほどに震えていた──

「ごめん」

そう言って棗はウチを解いて部屋を出て行こうとした。

「・・・何のごめんなん?」

ウチの問いかけに棗は足を止めた。でもこっちには振り返らない。

「・・・何のごめんなん?」

再度問いかけてみる──

でも棗は動かず答えようとしない──

「・・・ってごめん・・・」

小さく、ほんとにそれは小さく響いた。

それだけ言うと棗は部屋を出て行った。

「ずるいわっ棗。それって喜んでいいのか悲しんでいいのかわからへんやん。」

今まで知らなかった感情がこみ上げてきてウチは声を出して泣いた。

わぁわぁと泣いた。

その声で駆けつけてきてくれたみんなはオロオロしていた。

それでもウチは泣き続けた──





ウチを狙った銃弾は棗に対する復讐やったこと、

その銃弾がウチにあたる寸前で棗が空中爆発させたこと、

至近距離やったからウチが失神してしまったこと、

ウチが目を覚ますまでずっと棗がついてくれたこと──





『・・・好きになってごめん・・・』

棗の言葉を繰り返し思い出したら涙が止まらなくて──

桜色の空が霞んで何も見えなくなっていった。

棗が好き──

それだけが明確な答えやった。












何にも考えずに書き上げた作品(笑)

1時間ぐらい~っす。

荒いなぁ・・・(笑)



最新刊を購入しまして・・・

棗くんがめっちゃ切ないのね。

好きゆえに突き放さなければならない状況で・・・

仮面をかぶって素直になれるってほんとに

複雑で・・・

キュンときました。



このお話はそこから妄想してみたり・・・



早く本編で幸せになってほしいなぁ。

そしたら甘甘テイストで書くのになぁ。

本編が不幸やと作品も不幸になりがちですっ





2008/03/24 









Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:なつみかんSSコメント:0│ トラックバック :--
2008/02/01
00:00:00
好きな女の子をイジメたいお年頃



時折、そのジレンマがやってくる

スキとキライの関係

退屈で死にそうな午後、

──秘密の木陰でそれは待ってる。




嫌い






ガサッ。

ビクッと体が強張り目覚めた。

──いやな夢だった。

「──っだよ。」

目隠し代わりに乗せていた雑誌がずれていて5月の眩しい木漏れ日が襲いかかりオレを覗いているブラウンの瞳と目が合った。

ツインテールに結ぶ髪がオレの顔の上に垂れ下がり微風で揺れている。

「おっおはよう、棗! 目が真っ赤やん、寝すぎと違う?」

仕方なく上半身を起こす。

「は・・・」

「ほんまに目ぇ真っ赤やで。大丈夫なん?」

そういってますますブラウンの瞳が近づいてくる。

「──何しにきたんだよ。ドブス!」

ただでさえ寝起きは悪いのに──仕事、悪夢、薬の副作用、ごちゃまぜになったイライラが募る。

「もうっ!せっかく起こしてあげたのに!こんなとこで寝てたら風邪ひくやんかー!もういいわっ!棗なんか大風邪ひいてしまったらええねん!」

そうヒステリックに叫んだ彼女は踵を返して校舎へ戻ろうとした。

「──待てよ。」

そう言って手首を掴む。びくっと反応するのが伝わった。

「は・な・し・て!」

「外してみれば?」

目と目があって──彼女は顔を紅潮させて沈黙した。

「・・・やもん。」

「は?」

「棗の寝顔、好きなんやもん──」

うつむいた彼女はそう呟いた。

「──オマエ、俺のこと、好きな・・・」

「ちっちがっ、誤解せんといて、寝顔が見たかっただけやもん。寝顔の棗は小憎たらしい事言わへんし、かわいいんやもん!そ、それだけやから!!」

オレの言葉を遮って彼女は一気にまくしたてた。

顔をさらに真っ赤にして俺の目も見ず話す彼女が正直、かわいかった。

「──こいよ。」

「へっ?」

「見たいんだろ?寝顔。」

そう言って俺は彼女の手を強く引っ張った。

木陰に戻り俺は再び寝に入る。

「棗・・・」

「──風邪ひいたら──オマエのせいだからな。」

5月の日差しはますます眩しく、オレはそれから逃れるために彼女の顔を引き寄せて

──キス、をした。











 
Driven;Logic様 日常生活から30のお題より

 


初なつみかんSSです。

昔、どっぷりはまってた頃書いたSSを手直ししてみました~

でも変わんない(笑)

実力ないってこんなものっす!



学アリって、めっちゃ低学年向きの少女漫画なんやけど・・・

棗くんのドSップリがたまんない!

小学生なのにオパンツぬがせちゃったりしてるしね(笑)

↑まぁ、勿論、イヤガラセっていうカワイイものなんだけど(笑)



こちらもアニメから入りました~

きっかけはボーっと土曜日にBS2見てたらアニメやってて。

どっかで聞いた声やなーって思ったらナント、棗=エドやんっ!

しかも 蜜柑ちゃん(↑の彼女ね)の親友・蛍ちゃん=アルやし!

そのころ多分、ハガレン終ったころで朴さんの声好きやって、

禁断症状出てて、で、学アリのアニメ見て、キャーですわ(笑)

しかも棗くんのドSっぷり、たまりまへん~

で、原作を大人買いです(笑)

この後、朴さんを求めてアニ●ックスでやってたマンキン見て

連坊ちゃまに惚れて、連のお姉さん=リザやし、主人公の婚約者

アンナ=灰原哀やし、もうもう、えらいこっちゃーです。

・・・すいません。ヲタ話で(笑)

しかもアトガキやのに長いし(笑)



読んでくれてありがとう。

感想、お待ちしてます♪





2008/02/01 














Theme:二次創作 Genre:小説・文学│ Parent category:■二 次 創 作 Category:なつみかんSSコメント:0│ トラックバック :--
情報




現在名様来訪中♪



お題一覧
利用規約を必ず
お読み下さい。

利用規約は■こちらから。

季語シリーズ
あいうえお・ABCシリーズ
ダイアリーシリーズ
曲タイトルシリーズ
小説タイトルシリーズ
熟語シリーズ
専門用語シリーズ
花音的365日シリーズ


 1 日本独特の時
 2 植物由来の和色
 3 冬
 4 源氏物語の女人より
11 カタカナ編
12 漢字一文字編
13 春の3音
14 春の5音
21 動詞編
25 オリュンポス12神より
26 ことわざ編
27 恋愛ダイアリー
28 恋愛 出会いから別れまで…
29 浪速言葉編
30 クラシック発想記号より
31 クラシック楽曲形式などより
32 aiko の曲
33 スピッツ の曲
34 関ジャニ∞ の曲
35 徳永英明 の曲
36 ZARD の曲
37 GO!GO!7188 の曲
38 Chara の曲
39 松田聖子 の曲
40 矢沢永吉 の曲
41 レミオロメン の曲
42 Mr.Children の曲
43 Perfume の曲
44 工藤静香 の曲
45 Kinki Kids の曲
46 宇多田ヒカル の曲
47 古内東子 の曲
48 サザンオールスターズ の曲
49 CHAGE&ASKA の曲
50 モーニング娘。 の曲
51 TM NETWORK の曲
52 大塚愛 の曲
53 ウルフルズ の曲
54 GARNET CROW の曲
55 B’z の曲
56 森高千里 の曲
57 Every Little Thing    の曲
58 山崎まさよし の曲
59 小松未歩 の曲
60  の曲
61 岡本真夜 の曲
62 相川七瀬 の曲
63 ポルノグラフィティ の曲
64 布袋寅泰 の曲
65 BUMP OF CHICKEN    の曲
66 ゆず の曲
67 川嶋あい の曲
68 UA の曲
69 NEWS の曲
70 山本リンダ の曲
71 椎名林檎 の曲
72 松浦亜弥 の曲
73 アンジェラ・アキ の曲
74 CHEMISTRY の曲
75 JUDY AND MARY    の曲
76 L’Arc~en~Ciel の曲
77 MY LITTLE LOVER    の曲
78 広瀬香美 の曲
79 平井堅 の曲
80 orange pekoe の曲
81 MISIA の曲
82 元ちとせ の曲
83 スキマスイッチ の曲
84 桑田佳祐 の曲
85 中森明菜 の曲
86 絢香 の曲
87 光GENJI の曲
88 岸谷香 の曲
89 V6 の曲
90 一青窈 の曲
91 山下久美子 の曲
92 BEGIN の曲
93 ドリームズ・カム・トゥルー の曲
94 槇原敬之 の曲
95 氣志團 の曲
96 大黒摩季 の曲
97 いきものがかり の曲
98 ORANGE RANGE の曲
99 SMAP の曲
100 RCサクセション の曲
101 中島美嘉 の曲
102 スガシカオ の曲
103 ケツメイシ の曲
104 福山雅治 の曲
105 プリンセスプリンセス の曲
106 小沢健二 の曲
107 YUKI の曲
108 矢井田瞳 の曲
109 モンゴル800 の曲
110 中川翔子 の曲
111 竹内まりや の曲
112 柴咲コウ の曲
113 米米CLUB の曲
114 Crystal kay の曲
115 原由子 の曲
116 中山美穂 の曲
117 PUFFY の曲
118 アン・ルイス の曲
119 BOΦWY の曲
120 三枝夕夏 IN db の曲
121 四字熟語・ダーク編
122 四字熟語・ノーマル編
123 類語編
124 三文字熟語編
125 諺編
126 漢字一文字・平仮名由来
127 漢字一文字・片仮名由来
128 アガサ・クリスティ の小説
129 星新一 の小説
130 藤本ひとみ の小説
131 赤川次郎 の小説
132 慣用句編
133 伊坂幸太郎 の小説
134 江國香織 の小説
135 桐野夏生 の小説
136 小池真理子 の小説
137 田辺聖子 の小説
138 藤堂志津子 の小説
139 野沢尚 の小説
140 連城三紀彦 の小説
141 夏の3音
142 夏の5音
143 秋の3音
144 秋の5音
145 
146 
147 反対語編
148 
149 
150 
151 
152 
153 
154 フォネティック・コード
155 略語編
156 結婚記念日
 ■  2006年版365日
 ■  2008年版365日


twitter
創作系リンク


★このブログをリンクに追加する★
素材リンク
いつもお世話になってます。

☆素材サイトさんに
伺われる方は
そのサイトでの
ルールを必ず
お守りくださいね。

☆ 十五夜
☆ m-style
☆ Heaven's Garden
☆ mattarihonpo
☆ ふわふわ。り
☆ ミントBlue
☆ 薫風館
☆ Little Eden
☆ k*sanctuary
☆ MILKCAT
☆ STAR DUST
☆ junks
☆ とほほのWWW入門


お知らせ
いつも訪問くださり
ありがとうございます。
このサイトの著作等については
■こちらよりご確認下さい。

当ブログを末永くどうぞ宜しく
お願いします。


 
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事
カテゴリ
自己紹介

花音

Author:花音

花音(かのん)
30歳から時の止まった
関西人

多趣味
そして飽き性(笑)

連絡先

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
362位
アクセスランキングを見る>>